« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

「家でインターネット」の誤解

ご存知の方が多いと思いますが、先日痛ましい事件が発生して
しまいました。

最近だいぶ捜査も進んできたようで、インターネット掲示板の
書き込みに腹を立てたものというものが原因であるとの報道が
なされているようです。
その報道に呼応するように一部の人々からは「子供からインタ
ーネットをとりあげろ」(週刊文春)などの論調も登場、この先
IT教育の内容の後退につながるのではないかという動きも感じ
られる事態になっております。

ただこの問題、論じる大人たちの方がネットワーク活動の理解
を欠いているため、議論の方向を一つ間違うとただ規制だけが
残ってしまうような気がしますのであえて書いてみたいと思い
ます。

私は基本的にWeb掲示板などのコミュニティは「大人」が楽しむ
ツールだと考えています。・・・といっても「○歳未満お断り」
という性質のものではなくて、最低限以下の条件かなと思って
います。
(ただしネットワークでのコミュニティ運営や情報収集などを
本業としている人及びIT屋はこの限りではないと考えます)

1.ネットワーク活動はあくまで「余暇」または「趣味」であり
ネット活動以外の比重を高くできること。
(「ネット活動<それ以外の1項目」ということ)
2.直接会う頻度が高い人と一緒のネットワーク活動をすることは
極力避けること。
3.ネットワーク以外の人脈を充分にもっていること。
またはネットワークで知り合った人であってもオフで会える
人が最低限1人はいること。

1と2があればネット活動で面白くないことがあっても他のことを
することで気分転換ができますし(ネット活動最大の利点は都合
が悪ければアクセスしないで済むことだと思います)
3があればネット活動での態度と実際の態度のギャップを判断
できるようになります。

やはりこの使い分けができる年齢というのは最低でも中学生には
(人によっては高校生・場合によっては年齢的に成人であっても
満たせないかも)なっていないと辛いというのが正直なところです。

ただし、今の時代「ネット活動から遠ざける」というのは正直賢く
ない方法だと思います。(昔の「高校生に二輪車の免許を取らせ
ない」運動と同じようなレベルですね)

では、「ネット活動適齢期」に達しない子供をどのように守るか、
それは「子供と一緒にネット活動を楽しむ」という手法です。

ネット活動の世界は体こそ家にはいますが、表で遊ぶようなもの
だというのが私の考えです。
子供たちの喧嘩も起これば、看板に書いてあることがわからなくて
困ることもあります。繁華街に行けば子供の欲求を引き起こすような
ものを売る店があったり、怪しい人が危険な世界に「誘拐」しようと
することもあるかもしれません。
親御さん方は子供たちを表で遊ばせていた頃を思い出して下さい。
遊びの一つ一つの内容がわからなくても、喧嘩を仲裁することは
できたし、公園でしてはいけないことは「いけない」と助言できた
筈です。また、怪しい人を見たら警戒して「こっちで遊びなさい」
ということも言ってきた筈です。
そう、ネット活動の世界でよちよち歩きのお子さんに対しては親御
さんも一緒にみていてあげる、それだけでずいぶんとこの手の問題
は防げるはずです。先にも言いましたが、ネット活動は「体は家に
ありながら外で遊ぶのと同様に気を遣ってあげなければいけない」
遊びなのです。
それを「家でインターネットしているから安心」と思って放ったままに
していると子供を迷わせる危険が増大してしまうのではないかと
考えます。

世のお父さん・お母さん方には「忙しい」とか「コンピューターのこと
など判らない」とか言わずにお子さんと一緒にネット活動を楽しんで
ほしいものです。
・・・とは言っても「共稼ぎで両親共そんな暇ないよ」という親御さん
もいらっしゃるでしょう。それは止むを得ないと思いますが、
そんなときはせめて一定の分別が付くまで「誰と会ってどんなこと
を話したのか」聞いてあげる、悪いことをしていたら諭す。
悪いことをしていなければ「楽しかった?」と聞いてあげる。
自分が悪くなくても我慢しなければならないことは宥める。
困っていたら助言をあげる、子供で解決できない金銭や法がからむ
レベルのことであれば大人が動いて解決する。
親子のコミュニケーションもとれて一石二鳥のような気がするの
ですが・・・


・・・などと偉そうに書いてしまった気がしますが、私自身これで
うまくいくのか判らないのが現状です。ご意見お待ちしております。


p.s.
こんなことを仕事の合間に1週間かけて考えていざ書いたらこういう記事
も出ていました・・・やっぱり私はありふれた人間なようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ネギま!」CDの曲を歌うに当たって&感想

このWeblogは「ネギま!」とは関係ありませんが、
お世話になっている河合さん「ネギま!」カラオケをテーマにされて
いたので、書いてみます。

私としては河合さんと視点を変えて「サビ以外で意識したいところ」を
着目点としたいと思います。
 
 
4月:神楽坂明日菜「いつでもLove & Dream」

まずこの歌で大事なのはリズム感のような感じがします。
これで明日菜の活発さを表現していますから、私のようなトロイ人間
が歌うにはあの早いリズム感を壊さないように歌う必要があると感じます。
あと、歌うにあたって大事にしたいフレーズは3フレーズ目でしょうかね。
ここで心をこめることでサビにスムーズに移行できると思います。


5月:近衛木乃香「にちようび」

いい歌ですねぇ・・・なんとなくゆったりした気分にさせてくれます。
ひとつだけ残念な点を挙げて見ますと「京都弁の使われ方が不自然」って
ところでしょうか?ところどころで京都弁ベースのアクセントが出てきて
こそこのこののイメージソングという気がするんですが・・・考えすぎ?
歌うに当たって気にしたい点
野中さん風に1音1音意識するより河合さんの指摘どおりレガートでそよ風
が流れているように歌った方がいいような気はしますね。
それでいて「はんなり」「ふんわり」といった擬態語の表現を雰囲気が
出るようするのが難しそうです。
 
 
6月:図書館探検部 「Invitation〜図書館にいらっしゃい〜」

この曲非常に気に入りました。
まさに恋する乙女のためにあるような曲ですねぇ・・・
個人的に気に入ったところとして
・3番5フレーズ目の歌詞「あなたに全てを捧げたら何が待ってるの?」
でしょうかね。
歌うに当たって大切にしたい音ととしては
・2フレーズ目最後の音(1番の歌詞では「不思議な世界へと」の「と」)
を挙げたいと思います。ここで聞くものを

あぁ・・・思い出すだけでええわぁ・・・

ところでremixバージョンの始めで「ザザー」と音が入るのは私だけですか?
それとも仕様?(謎)
 
 
7月:まほらチアリーディング「ポンポン両手にあればWin」

非常にチアらしい歌だと思います。
この曲、ドラマにも歌詞変えて使われているのが笑う・・・

この曲は音の意識より流れと1番-3番でパターンが変わるサビ・あと曲中で
出てくるメロディに入らない声(1番「うるさーい!〜」・2番「サインは〜」)
を綺麗に決めることかなと思います。
 
 
8月:長谷川千雨「スキになってもeーよ」

私がハマったのはHN「ちう」を連呼する部分の微妙な発声。
何がとはいえないんですが何かイイ!
歌うに当たって気にしたいところは「ちう」の表面と本音部分での声の
印象をうまく分けるところでしょうか。

・・・てな感じで音楽のど素人が適当に書いてみましたが、
参考になるのかどうかが激しく気になる今日この頃・・・

その他のところのコメントとしては↓のような感じです。

4月:神楽坂明日菜

DVDをいちばん先に見た所為なのかどうもあの声を聞くと明日菜の姿
ではなくて神田さんご自身の姿が先に浮かぶようになってしまいました。
神田さんに「元気なお姉さん」のイメージにぴったりの印象をもって
しまった所為なんでしょうかね。


5月:近衛木乃香

野中木乃香は印象ぴったり。
ちょっとアクセントが違う部分もあるような気がしますが・・・木乃香
自身ずっと関東に来ていることを考えるとちょうどちょうどかな?

あと、野中さんのフリートークはあの声に引き込まれそうですね。


6月:図書館探検部

桑谷夕映が印象ばっちり・石毛ハルナは予想外・能登のどかはいわゆる
モジモジシーンよりも前向きなシーンでの印象がGoodです。
のどかちゃんはどんどん成長しているキャラ、今後能登さんが表現力
豊かな声を当ててくれることを楽しみにしています。
ちなみに、能登さんの普通の声にも惚れました
・・・背筋が「ゾクッ」とした。

あと、石毛さんのお話、逆の立場でやられたことにある。しかもその相手
は私が師匠と仰いでいた人だったりして、その後もお付き合いあり、
泥沼化・・・あのころが自分が一番女の子に対して乱れた時期だったかな?


7月:まほらチアリーディング

えんちゃん(円)が意外とシブイ声・・・
あと、原作では「まき絵が動かしやすい」と赤松先生が仰っていたのに対し、
今までのCDを聞いたところその役を桜子がとっている印象がしますね。
まさか堀江さんが忙しくて動かしにくいとかいうことはないんでしょうが、
桜子はアニメには欠かせないノリの推進役として原作以上の活躍が待っている
ことでしょう。
それにしても・・・「サラリーマンの小父さんも」「チャック全開の人も」
・・・って私のことですか・・・


8月:長谷川千雨

実質1人2役というこのキャラですが、いやー流石志村さんの演じ分けは
バッチリですね。印象どおりでした。(印象以上?)
ところで、ひとつ突っ込み。
お肌のニキビも修正できるちうタンならメガネ画像アップしても
バレやしないって・・・


P.S.
読みにくかったので6/4に全体的に構成変更しました。
ただし、内容は変わらないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »