« 参院選対策!超邪道ど素人投票法 | トップページ | 2000円紙幣の功罪 »

三菱自動車・三菱ふそう:スリーダイヤへのしがみ付きにも程がある

ちょっとネタとしては遅きに失しているような状況ではあるが、
三菱自動車工業及び三菱ふそうトラック・バスのリコール問題は
発覚以降随分経っているもののまだ手続きの真っ最中で、しかも
マスコミでは毎週のように両社が製造した自動車による事故報道
がなされている状態というのは皆様ご存知のとおりである。
(実際には欠陥によるものではなかったりオーバーな報道が結構
あるとは思っているが)

しかしながら街にある2つ事象を見ていると当の両者にはその影響
と会社の信頼を回復しなければならない状態であることが充分に
認識できているのかを疑いたくなってしまう。

まずご紹介したいのが↓これである。

渋谷駅前のビルに掲示された三菱自動車の広告であるが、今回の問題
に対する決意のコピーも何もなくスリーダイヤと社名をデカデカと
掲げている。相当な広告料を払って掲出しているに違いないが、この
状況下、「三菱自動車は変わりました」という言葉もなく広告した
ところで、当然ながら購買意欲には結びつきにくい。
確かに「変わりました」という言葉だけでは市場は評価してくれないが、
その言葉すらないのにスリーダイヤのイメージのみを訴求する広告を
出していては一般大衆の神経を逆撫でするものでしかない。

次に紹介したいのが↓これ。

これは都営バスで使用されているの三菱ふそう車に貼られたもので、
以前はこのようなものは貼られていなかったことから今回のリコール
に関連した点検済シールと考えられる。
この点検済シールは管理上必要なものであろうが、別に管理上必要
とは思えないスリーダイヤとFUSOの文字が見事に表示されている。
わざわざ「この車は欠陥車を世に出してしまった三菱ふそうの車です」
と目立たせてユーザーの輸送サービスのイメージを落としているように
しか見えない。
このシールが同社のものであることを示すのであればあまり目立たない
ように正式社名を表示しておけば充分だったはずだ。

これらを見てまず思ったのが「スリーダイヤに傷がつく」という言葉
である。報道によればこの言葉によりリコール隠しに至ったとされるが、
「これだけ大問題になり傷がつきまくったスリーダイヤなのにまだ
スリーダイヤにしがみ付こうとしているのか」というのが率直な感想
であった。
両社にとってスリーダイヤとは一流企業としてのプライドの表現であり、
グループとしての統合の象徴なのなのかもしれないが、ユーザーにとって
のスリーダイヤは他と差別化できるだけの品質の象徴であった筈である。
そのスリーダイヤの示す「品質」という価値が世界の大多数の人々の中
では跡形もなく崩壊した。それと共にスリーダイヤはユーザーにとっては
正直忌まわしいものでしかなくなったはずである。
それでも彼等はスリーダイヤにこだわる。その行為さらにユーザーの感情
を逆なでする。こんなことでは正直言って両社信頼回復の道はまだまだ
遠そうに感じる。

私が思うにどうせ大鉈を振るわねばならないのだから、残っている全広告に
お詫び文を目立つように掲載すると(実態が伴った改善を継続して行うこと
が前提だが)暫くしたらユーザーは「反省しているな」というイメージを
持ってくれるだろうし、その一方でスリーダイヤのブランド力のみを求めて
いた人間は耐え切れなくなって辞めてくれるかもしれないなと思ったりするが、
上手くいくかは定かでないのでこのくらいにしておく・・・


・・・などと思うことを描いてみましたが、結局乱文になってしまいました。
大変失礼致しました。

P.S.
一応念のため、私の周りに関連企業勤務者がいるので同社には頑張って
もらわなければいけない立場にあります。
しかしながら、これじゃ正直応援などできないのであえて厳しく書かせて
いただきました。

|

« 参院選対策!超邪道ど素人投票法 | トップページ | 2000円紙幣の功罪 »

コメント

実は車バカの河合@ひなたオーケストラから少々。
過去にバブルで火傷して身売りした日産やマツダが復活した原動力は、社員や社長が車バカだったことが大きいと思うんです。
ゴーンはZファンでしたし、マツダもロータリーの復活を耐えて待った社員がいて、今のイメージを取り戻すに至りました。

正直、三菱の社員って三菱車がどれだけ好きなんでしょう? 『どんな悪評を突きつけられても、私はこの車に心底惚れた』って社長が宣言して、自ら乗り続けるだけで、イメージは相当違うんですけど。
#三菱自工の社長ポストは、三菱重工役員への腰掛け程度だと聞いたこともあるんですが(涙)。

エボとかパジェロのファンがいることは聞くんですが、その良さを少しでもコルトやグランディスで味わえるなら、三菱も悪くないと思えるんですよ。でも、現状どうもそうじゃないらしい。
#少なくとも、マツダはRX-8だけじゃなく、デミオやMPVでもハンドリングの良さを堪能できます。
5年でガタが来るとか、今でもマツダの評判は芳しくないですが、僕はマツダに惚れ込んで、3台乗り継いでます。

そういう「マツダバカ」や「日産バカ」、「スバルバカ」はいるんですが、どうも「三菱バカ」の姿が見えない…。
100万以上出して買って、何の喜びもない車なんか売れません。もっと「三菱バカ」の主張を聞きたいところです。

投稿: 河合環 | 2004.08.29 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35334/1251981

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自動車・三菱ふそう:スリーダイヤへのしがみ付きにも程がある:

« 参院選対策!超邪道ど素人投票法 | トップページ | 2000円紙幣の功罪 »