« 2000円紙幣の功罪 | トップページ | 行政主導の「成人式」の費用対効果は・・・ »

猿でもできる?坂道発進(4輪車)

私の愛用している車はMT車なんですが、
営業用や貨物用の車輛を除いてAT化が進んでいる昨今、
MT車に乗れる免許を持っていても「MT車は苦手」と仰る
ドライバーに良く会います。(うちの妹もそう)

よくお話を聞いてみると大半の方が苦手にしているのが
「坂道発進」ではないでしょうか。
失敗すると「エンストする」・「逆行でころげ落ちる」
・・・そんな気持ちをもつ方が多いようで、MT車の免許
を取らせた我が妹も今は「ATしか乗りたくない」と言って
おります。

ま、それはそれでいいのですが、やはり坂道発進が出来
ないよりは出来た方が良いかということでここでは
猿でもできる?失敗しない坂道発進法を書いてみたいと
思います。

(ただし、現在教習中の方はここで書いたとおりにやると
検定が通らない可能性がありますので注意が必要です。
また、失敗したことによる事故についての責任は持て
ませんのでご自身の責任において実施してください。
なお、タコメーターはついてない車を想定します・・・
つーか、街乗りレベルの走行では正直必要ないし)

1.まず「踏み替え発進」は忘れる。
坂道発進には「ハンドブレーキを使用して発進する」
方法と「ブレーキペダルとアクセルペダルを瞬時に踏み
替えて発進する」方法がありますが、ここでは「失敗
しない方法」についての説明ですから、タイミングを
考えずに発進可能な前者の方法を使います。

2.停止時のハンドブレーキに注意する
坂道発進では停止時のハンドブレーキを一杯にかけると
発進の際に車の挙動が判りにくくなりますので、必要充分
な強さでかけるようにしましょう。(注意:駐車時は一杯
にかけましょう)
方法としては、一杯に引いてからブレーキペダルを話、
解除ボタンを押しつつ少しずつハンドブレーキを緩めて
いき、車が「ギー」という音を立てて動き出したら
ブレーキを踏んで一段だけ強くして保持します。

3.アクセルを少し踏む
発進時には当然アクセルを少し踏むわけですが、クラッチ
さえ上手く繋げば急発進はありえませんので(クラッチ板
は痛みますが)安全のためには多少強めに踏んでも問題
ないと思います。「ゆっくり加速」するくらいのアクセル
開度で踏んでおきましょう。

4.クラッチをゆっくり繋ぐ
クラッチをいわゆる「半クラッチ」にするわけですが、
なれていない場合はゆっくり繋いでいきましょう。
(クラッチ板は減りますが)前項2でハンドブレーキを緩め
にしているのでよほどの急勾配でない限り車が前に進む
はずです。(急勾配でハンドブレーキを強めにも車が前に
進もうとしているのは判ると思います)

5.ハンドブレーキを解く
車が前に進み(あるいは進もうとし)だしたらハンド
ブレーキを解いてあげると車は加速していくはずです。

いかがですか?
コツは止めるときのハンドブレーキの強さだけですので、
慌てずゆっくりやれば簡単だと思うのですが・・・

|

« 2000円紙幣の功罪 | トップページ | 行政主導の「成人式」の費用対効果は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35334/2521040

この記事へのトラックバック一覧です: 猿でもできる?坂道発進(4輪車):

« 2000円紙幣の功罪 | トップページ | 行政主導の「成人式」の費用対効果は・・・ »