« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

滅多に言わないことですが・・・

この週末でRSSリーダーを設定しました。
とりあえず試用レベルですが、なかなか便利ですね。

・・・んでお世話になっている宮原太聖さんのWeblogを読んだらこの
ような記事を見つけました。
http://blog.goo.ne.jp/kiha12/e/a66e1b12d3389ec330c04b2ed5dd047a

宮原さんへのトラックバックも含めて書いてみます。
(・・・ということで久々の敬体文です)

宮原さんはかなり「ネギま!」サイト界のコミュニケーションの質に
ついて憂いをお持ちのようで、お話にある「広い心をもつこと」は
意見として理想的です。皆が広い心を持てば問題解決ですからね。
欲を言えば、もう少し柔らかなら・・・「ネギマナー」サイト運営者
としての使命感からか大上段から構えられた感があるのが少しばかり
残念なところですかね。

私の感想としては「皆さん、若いなぁ」というのが正直なところです。
「ネギま!」系サイトはサイト管理者の皆さんも読者の皆さんも実際
にお若いので無理もないことですが、発散しきれない「若さ」が言葉
として、態度としてでてきた結果が現状宮原さんがご指摘の現状に
なる、そんな感じがするのです。
私はこの現象が起きることでむしろ『身内でのコミュニケーション』
から『社会全体でのコミュニケーション』へと成長する過程と思って
却って楽しみだったりします。

ま、その上で敢えてお勧めについて書くなら以下の事でしょうか。

サイト管理者側
・事後にアク禁するより事前にルールの明文化
「特に規制はありません」と書いていながら書き込みを削除している
掲示板があったり、「荒らしお断り」という漠然とした内容のルール
のみが存在する掲示板やチャットが見受けられます。
お互いが気持ちよくコミュニケーションできるようにするためには
事後の対処も大事ですが、それ以上に「事前にリスクを考える」こと
が大事です。「自分が許容できること、できないこと」を事前に考え
できる限りルールを明文化しましょう。まじめに考えたルールならば、
そのルールがあなたという管理者の基本的な人となりを示すものに
なる筈です。
ただ、それでもどうしても想定しきれない場合はあります。その場合
に備えて「その他管理上削除が適当と認められるもの」という条項
を書いておいてそれを適用すると整合性がとれます。
(ただし、当然ながら乱用は厳禁です)

・アク禁は通常の荒らしには使わない
アク禁が手軽にできるところが増えた所為か、ちょっとしたことで
アク禁になる例が増えているようですね。
ルール違反や通常の荒らしについてはあくまで削除で対応するよう
にしましょう。
その際に指摘すれば直る性質のものは「このルールに違反している
から改善して再度書き込んでいただけますか」という風に連絡すれ
ば改善してくれることが多いです。
逆に指摘が逆効果のいわゆる「荒らし」の場合は「無言で何度でも、
何事もなかったかのように」削除しましょう。いつか諦めます。
基本的に手間を惜しまない緻密な対応が信頼を得る一番の手段です。
アク禁は「スクリプト系・業者系・ストーカー系などとても通常の
方法で対処できない荒らしへの防御手段」と考えるた方が良いと
思います。

サイト参加者側
・ルールを読む
確かに当然の事ですが、結構ルールの見落としによるトラブルは
多いものです。
書き込む前にルールをよく読んでおけば無用なトラブルは防げるし、
サイト管理者にもいい印象をもってもらえるしで一挙両得です。
(私もルールを見落とす事がありますが・・・)

・削除されたら自分の書き込みとルールを見比べる
人間悪意を持った場合でなければ誰しも「自分は正しい」と思って
行動するのが普通です。削除された場合は「相手はけしからん」
と思いがちなのも普通です。
そこを一歩抑えて削除されたときに自分が書いた内容とルールを
見比べましょう。どこかサイト運営者が問題にした点が見つかる
筈です。

・「運が悪かった」ということもある
それでも問題がないと思う状況だったら「運が悪かった」と諦め
るのもひとつでしょう。相手も人間ですから、当然事故もあります。

それでもどうしても納得できない場合、また冷静な対応ができない
場合、私がお勧めしたいのが管理者側は「サイトを休止すること」、
参加者側は「暫くそのサイトに行かないこと」です。(注1)
一見冷たい対応ですが、所詮趣味なんですからそのサイトがなく
なったところで死んだり病気になったりするわけではありません。
それなら違う世界でゆっくり気分転換を図った方が楽しいという
ものです。
そのためにはなるべく多くの趣味を持ったり、なるべく多くの友人
と仲良くなって居場所を作ることが大事です。
いわば「人はネットのみで生きるに非ず」ということですね。

こんな考え、如何でしょうか・・・


注1
この言葉は使うタイミングを間違えると余計に反感を買ってしまう
結果となりますから、注意が必要です。
あるネットワークコミュニティ運営会社の社長はこの使い方を間違
える天才で「言っていることは正しいんだけど、このタイミングで
言う事ないだろ・・・」という酷評を受けていました。
(揉め事があるときはの解決手段とするのは危険です。火に油を
注いでしまいます)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

中心はどこだ?

私の住む東京都や隣の神奈川県は蚊帳の外になっているので実感が
湧かないが(東京都2件合併済・神奈川県1件協議中と極僅か)
全国的には「平成の大合併」と呼ばれる地方自治体の廃置分合が進んで
いるようだ。特に合併特例法期限が今年3月に迫っていることを受け、
どこもかなり活発に議論が交わされていると聞く。
http://www.kokudo.or.jp/new/cities/
http://www.kokudo.or.jp/new/cities/sub/rireki.htm

合併に際して決めなければならない事はあまたあるが、誰にでも判り
やすい争点としてよくネタにされるのが新しい自治体名の話である。
名前は最大の規模の自治体の名称に合わせる例・市役所の位置や当該
地域の旧制度引継の見返りとして取引される例もあるが、同規模の
自治体どうしが合併する場合は全く新しい自治体名をつける例が多い
ようだ。

その場合にはどうしても特定地域の色を消そうとする所為なのか、
広域地域名や現在の郡名を冠することが多いように見受けられる。

その結果、余所者からみて「どこにあるのかわかりにくい」という
自治体名が出来上がってしまうようだ。極端な例が山梨県にある。
この地域は大合併開始前には甲府市・山梨市が存在していたが、
当時から余所者にとっては県名を冠する山梨市ではなく県庁所在地
がある甲府市の方が有名であった。
この合併で多くの自治体が合併の道を選んだようで、しかも合併する
殆どの自治体で新たな名称が必要となったようだ。その結果「とても
区別がつけられない」といわざるを得ないような異常状態が生まれて
しまった。

笛吹市のように独自名称を設定した例もあったが、甲斐市・甲州市・
中央市などの個性のない名前が続々と設置済または設置予定なのには
「もう少し良い名前が考えられなかったのか」と呆れる。
正直いって「甲府・山梨・甲斐・甲州・中央」の5つの市名を並べて
も「紛らわしいだけで地域の特色も何もあったものじゃないし、未来
に誇れる名前とはとても言えない」とような気がしてくるが、気の
せいなのだろうか・・・

もう少し決める人たちも考えてくれればいいのだが・・・甲府市と
山梨市には「お気の毒に」と声をかけてあげたい気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綺麗な光を放つ鏡

北海道旭川市の動物園に「このお金をペンギンのえさ代にして」と
50ルピー紙幣1枚が入った手紙が届けられたという。
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20050224/K2005022303510.html
同記事によれば50ルピーは120円だそうで、餌代にならないくらいの
金額だそうだが、動物園では記念品を添えてお礼の手紙を返すという。

思わず顔が綻んでしまった。まさに微笑ましいとはこのことである。

恐らく送ったのは子供に違いないが、本当に「生き物を大事にしたい」
「ペンギンを可愛がって欲しい」「飼育の役に立ちたい」という純粋
な気持ちをもったに違いない。そんな気持ちが話を聞いただけで誠に
よく伝わり、私のような無関係の者の心まで動かしてくれた。本当に
素晴らしい子である。
また、この子が見知らぬ国まで手紙をよこせたということは、親御さん
か周りの大人が子供の気持ちに耳を傾け、それを理解して協力して
くれたということ。(大人なら為替レートのことは判るだろうから
お金を入れたことまで知っていたかは判らないが)
このことにもこの子の心を美しく育てあげたことと共に頭が下がる
思いである。

子供の心は大人の心の鏡である。
大人が心を、愛情を、躾を「光」としてきちんと与えれば綺麗に輝いて
反射させてくる。大人が「光」を与えないと、綺麗に光るようには
ならない。また、大人は子供の心の「光」に対してきっちりと向き合い、
また「光」として返していかねばならない。そのことで心のやりとりが
上手になり豊かな心へと育っていくはずだ。

然るに日本は・・・と目を転じてみた・・・すると記者会見で皇太子
さまから「子供の養育」についてのお話の中で紹介があった「子ども」
という詩の注目度が高まっているという記事が目に入った。

まだ日本も捨てたもんじゃないじゃないか。
ただの人気にとどまらず、きちんと中身を理解して実践しつづけること
が前提の話ではあるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ディーゼル車の逆襲

ついにディーゼル車の排ガス規制がガソリン車の規制値に追いつく
ことになりそうだ。
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/seiji/20050222/20050222a1800.html
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050222/20050222it04-yol.html

日本ではディーゼル車が窒素酸化物(以下NOx)や粒子状物質(以下PM)
を出す悪者として槍玉にあげられているが、もともと日本で発売
される軽油の硫黄分が多かったことなど排ガス対策への関心が薄か
ったことに主要因があった。
しかしながら、ここにきて低硫黄軽油の普及・大都市を中心とする
粒子状物質低減装置取付推進や使用車種規制など排出ガス対策が
充分に進められてきたこともあり、様子が大きく変わってきている。
しかし、上記条件を加味してもかつてはとてもガソリン車と肩を
並べられるとは思っていなかったからずいぶんとした進歩である。

実は、この新規制が本当にガソリン車並の規制であるならば日本人
が従来考えてきた「環境に関する考え方」が180度転換されるほどの
大ニュースとなる。

自動車の排出ガスもたらす環境負荷はNOxやPMばかりではない。地球
温暖化をもたらす二酸化炭素(以下CO2)もある。
石原都知事のペットボトルパフォーマンスの印象が強い所為か、CO2
の排出量はガソリン車よりディーゼル車の方が少ないこと、そして
ヨーロッパではガソリン車のディーゼル車化が推進されていること
は日本の一般庶民の間であまり知られていない。
しかしながら、2009年のディーゼル車新規制が施行されることに
よりNOx・PMについてはガソリン車同等、CO2排出量はガソリン車
より低減されることとなる。従来日本で認識されてきた「ガソリン
車はディーゼル車より環境にやさしい」という考え方が逆転する
こととなる訳だ。
これに合わせてうまく国民の意識をすれば今までは肩身の狭かった
ディーゼル車に「CO2低減の使者」としてガソリン車を駆逐する役目
を持たせ、CO2削減目標達成の一助とすることができる訳だ。
(実際に車の代替には都市部でも10年以上かかるだろうから今回の
期限には間に合わないが、継続して目標達成は求められることに
なるだろうから、決して無駄にはならないと考える)
環境省・国土交通省・自治体などはデータ確認の上で柔軟に国民の
考えを転換できるよう準備しておくことを望みたい。


そうなると新規制ディーゼル車及び新規定を有効に活用まわりで
強化しなければいけないのは「旧々型車の有効な置換の促進」と
「不正軽油の撲滅」と考える。

まずは「旧々型車」規制車輌の置換の話。
現在、都市部の排ガス規制が厳しいのに比べ地方の規制は比較的
緩やかである。また、事業者も都市部事業者に比べ地方の事業者は
経営体力的に苦しい事が多い。そのため地域内で使用される車に
ついては都市部の中古車を地方事業者が購入し「旧々型車」を置換
えることを前提とした代替サイクルが出来上がっている場合が多い。
しかしながら、一部雑誌の記事によると、都市部の旧型のディー
ゼル車の排ガス中の粒子状物質を低減するため、DPFを後付けして
いる例で「旧々型車」置換え上の問題がでているようだ。
・・・というのはDPFを補助金にて取り付けた場合、一定期間使用
しないと転売が許されず、都市部事業者での廃車の場合に車輌ごと
解体しなければならない例が出ているということである。
折角環境対策されている機器が、また地方の「旧々型車」に比べ
新しく排ガスレベルが低減されている車が存在しているのにこれが
充分に使用されないうちに解体されることになる。誠に勿体ない話
ではないか。
むやみな補助金の支出を抑える必要がある以上ある程度の歯止めは
必要であるが、環境問題は個々の自治体の問題ではない事を念頭に
おいて地方まで含めた環境負荷低減に役立つような柔軟な運用が
必要と考える。

一方の「不正軽油」は軽油引取税脱税行為として重油に灯油などを
混ぜて一見軽油と同等の外見に見えるようにしたもの等であるが、
これをディーゼル車に使用すると有害物質が大量に排出され、環境
負荷が大きい。
自治体は税収問題と併せてこの使用を許さない姿勢を強化しているが、
まだ都内でも大量の黒煙を排出する「気になるディーゼル車」を
みかけることがある。
(このような車と「不正軽油」とは関係ないかもしれないが)
ぜひとも不正軽油撲滅を目指して頑張ってもらいたい。

もちろん、環境問題に終わりはない。国民ひとりひとりの継続した
意識が重要である事は言うまでもないので私達も気をつけて生活
していきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、NIFTY SERVE!

ついにニフティ社のパソコン通信サービス「NIFTY SERVE」が終焉を迎える事になった。
これから順次縮小の上で2006/3/31には閉鎖になると言う。
参考: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/16/news053.html

皆さんそれぞれの思いをお書きのようなのであるが、なるほどとおもった1箇所
を紹介させていただく。( あのころはフォーラムもオフも活発だったなぁ・・・)
ぬりかべ魔人様

・・・などと書いても最近は「パソコン通信って何?」という人も多いかと思うが、
それについてはこちらでも見ていただければと。

当時のネットワーク環境は今の常時接続では殆ど考えられないほど貧弱な
ものであったし、当時はインターネットはまだまだ普及する途上の段階で
あったとことあり、ネットワークによるコミュニケーションといえばパソコン通信
が主流であった。
その中で「NIFTY SERVE」は商用ネットの中ではトップの会員数を誇っていた
ため、その中ににある「フォーラム会議室」と呼ばれる場所(スレッド式掲示板
群と考えるとわかりやすいであろう。他の機能もあるが)の一部はこめられた
情報量とコミュニケーションの熱さ、そしてレベルの高さが半端でなかった。
(尤もダメなところはダメだったが、いつの時代でもそうだし)

しかしながら、Webの世界が充実していくと共に時代遅れのものとなり、徐々
に商用サービスが閉鎖、ニフティ社もだいぶ前から雲行きが怪しいながらも
会員数の多さで閉鎖できずにいたものの、ついにここにきて閉鎖を決定する
事となったようだ。しかし、現在でも会員数20000人というから結構な数ではある。
富士通的には少ないだろうが・・・

実は、私は今でも上記20000人の1人だったりする。さすがに主な活動拠点は
すでに「NIFTY SERVE」にはないが、かつてはフォーラムのひとつに身をおいており、
スタッフもしていた。やっていたのは会議室(上記参照)の盛り上げ役で大したもの
ではなかったが、ここで得たものは大きかった。取扱分野の知識や情報は当然として、
コミュニケーション方法や文の書き方・著作権に対する考え方・困った会員さんへの
対処方法・スタッフ同士の連携プレイなど身に付けたものは多義に亙った。さらには
費用面のメリットまで享受していたのであるから本当に「ニフティとフォーラム様様様様」
といった状況である。

ここにきて「NIFTY SERVE」は消滅するが、お世話になった方々のことを忘れることも
ないだろうし、今後のネットワーク活動においては今まで培ったものをさらに生かして
進んでいける筈だ。手段は違えどコミュニティの基本精神はそんなに大きく変わるもの
ではないことを念頭に置きつつWebの世界でも良質なコミュニケーションが保てるように
がんばっていきたい。

諸事情によりニフティとの付き合いは続いていくと思われるが、「NIFTY SERVE」との
別れとして一言。

ありがとう、NIFTY SERVE!


以下余談です・・・
しかし、ニフティさん・・・旧NIFTY SEVRVE会員のメールボックス容量が可変という仕様
(1通3MBまでで1000通まで蓄積可・・・分割の無駄をみても余裕の容量!)が厄介なの
はわかるが、だからといって「あの機能」まで提供終了する事はないじゃないか・・・
それじゃクライアント側で対処するしかないじゃないし・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年ぶりの吉牛

昨日(2/11)は「吉野家牛丼復活祭」であったことは記憶されている方も多いであろう。

FieldsさんのWeblogにおいて松牛派の円ちゃんがお怒りのよう
(笑・・・トラックバックするので宜しくです)だが私は牛丼では吉野家のものが
いちばん好きであった。吉野家のものはもともとが市場労働者向けの食事で
あったので、辛目の味付けになっているのが自分にあったのだろう
(故に女子中高生をはじめとする女性層は松牛派が多かったと聞く。私の
知り合いの女性は殆ど松牛派だし)

私が良く食べていたのは「特盛ツユダク、肉を鍋底から拾ってください」という
もので、比較的空きのある店舗に入るとかならずこのようなオーダーをして
いたものだ。鍋底に沈んだ肉は赤身が多くてなかなか美味であるので復活
した暁にはお試しあれ。

さて、今回は地元で並んでいるのは立場上まずいので車を使って拙宅から
1時間ほどの距離にある郊外の店に向かうことにした。
(もちろんそれだけが目的じゃないので・・・念のため)
家を10時前に出て10時40分頃にその店舗についたが、タッチの差で駐車場
が満車となり、徒歩客や自転車客に先を越されるハメに・・・
どうせ車が入れられないならと車の窓を開けてとった写真が↓である。
P1000039
まだ店舗外に列が出たくらいだが、私がこの列について店舗に入ったころには
最後尾は駐車場を半周する列に成長することとなる。本当に祭りとしかいいよう
がない状況だ。
結局、実際に購入できたのは牛丼販売開始後50分近く経ってからだった・・・
特にこの店舗は弁当客が大半だったので列の4倍の個数の牛丼を作る必要
があった訳だから仕方がないのだが・・・

で、お味の方は・・・残念ながら「思ったほどではなかった」というのが正直なところ・・・
やはり1年間食べてなかったブランクが響いていたのかもしれないし、他店の
代替牛丼(オージービーフ使用)の味に慣れてしまった所為かもしれない。
あと、通常考えられないほどの来客でタレがかなり薄くなってしまっていたのも
影響しているようだ。(一般的に連続して肉と玉葱を煮るとどうしても肉や玉葱
から出る水分で薄くなりやすい)
何れにせよ、・・・吉野家ディーアンドシー(吉野家を運営している会社)は自社
の牛丼の品質維持を理由に代替牛丼を出さない訳だが、正直言わせてもらうと
同社がそこまでUS産牛肉にこだわるなら各店舗での調理品質を一定化しなけ
れば到底差別化などできないと思うのだが、如何だろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人知れぬ無駄看板

東京の街の一部にある奇怪な形の看板(下写真)
これは何だかご存知の方はいらっしゃるだろうか・・・

iriguchi0a

実はこれ、都営地下鉄の入口の看板である。

それまで都営地下鉄の入口には都のサービスを示すマークである
銀杏のみが表示されていたが、外国人をはじめとする利用者により
直接的に訴えるマークとしてトンネル内を走る電車のマーク(下写真)
と共に採用されたものという。

iriguchi1a

しかし、電車のマークの方は今でも認知度が高いのに対して、
こちらのマークの方は殆ど知る人もいないままグルグル回りつづけて
いる・・・

これって大いなる無駄に見えるんだけど、誰も指摘しないよな・・・
石原さん、これの活用法って何かないのですか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金券を効果的に使い「さらに一歩安く」食事をする方法

今回は金券の話・・・
世の中には金券を賢く使われている方が多数いらっしゃっている。
こちらの方は凄く賢く使われているのでトラックバックさせていただく
こととして、私がよくやる効果的な使い方を書いてみる。

暫く前から一部の外食産業の価格は安い状態にあるのは周知のとおり
だが、貧民にとっては嬉しい限りでる。何せ300ちょいあれば満腹に
することができるのだから。

当然金券を使えば安く出来るのだが、使い方の工夫次第で「さらに一歩
安く」することができる。ここでは某外食チェーンを利用することを前提に
「さらに一歩安く」食事をする方法についてひとつ書いてみたい。

ここで登場願うのは下記の金券達である。それぞれ性格が違うので
ここで紹介させていただく。(相場への影響を防ぐため、企業名及び
詳しい金額は伏せさせていただくが、同様の例は多くの企業で応用
可能である)

株主優待券:
当該チェーン店舗で1枚につき額面金額までの割引が受けられる。
ただし、殆どの場合額面に満たない食事や商品の場合でも釣銭は
支払われない。有効期限がある。

業界団体子会社の商品券:
加盟店舗で1枚につき500円の食事またはテイクアウト商品に対して
利用する事ができる。額面に満たない商品の場合釣銭も支払われる。
有効期限はない。

サービス券:
キャンペーン等で一時的に配られる券。サービス内容は時によって
異なるが、通常は値引ではなくサイドメニューの無料券などである
ことが多い。有効期限があり、比較的短期間で使用しなければなら
ない。

東京のとある地域における金券販売店での相場はそこそこ安いので、
株主優待券・商品券共、結構リーズナブルな値段で手に入れること
ができるから「優待券を使う」「商品券を使う」という消費者は
結構な数いらっしゃると思われる。・・・といっても実売価格は
それぞれ数%引きで5%を超えることは殆どないので、割引率として
考えると今ひとつ旨みが少ないというのもまた実感だろう。
そこでおすすめしたいのは「両者を組み合わせて使う」という手法
である。一見割引率数%の券をいくら組み合わせて使用したところで
それ以上の割引を望む事などできないように思われるが、ここで
重要な点がある。それは後者は「釣銭が支払われる」ことだ。
すなわち株主優待券+数十円の食事をする場合、後者については
たとえ10円分の支払であっても金券を購入するときに割り引かれた
金額がそのままお得額になる訳である。これを利用しない手はない。

私はこれを利用してサービス券がないときに11%弱オフ、サービス
券のあるときで23%弱の食事をすることがあるが、大した労力も
個人情報も出さず、しかも1回だけの利用でこれだけの割引をして
くれるのは今時少ないのではないのかと・・・

なお、優待券の額面以下のメニューではこの方法は利用できない
ので、「優待券だけで食べる」または「商品券だけ使ってで釣銭
をもらう」か(割引額によって異なる)の何れかで食べた方が
賢明となるので注意されたし・・・

P.S.
商品券でお釣が出るか否かについては商品券の利用約款または
店舗の運営マニュアルによって異なる場合があるのでもし失敗して
も責任はとれないので悪しからず(通常失敗することはないけど)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »